シェアする

Filmoraで動画制作

先日はFilmora Scrnはパソコンの画面収録に最適のソフトかもしれないという記事を紹介しましたが、今回は同じwondershare社からから発売されている動画編集ソフトFilmoraを紹介していこうかと思います。

Filmoraはとにかく安く手軽に動画編集できるソフトでありながら、動画編集に必要とされる機能はほとんど揃っているので、誰でも手軽に動画編集を始めることができるという点です。またWindows版、Mac版があるのでどちらのユーザーでも利用できます。

Wondershare Filmora動画編集(Win版) 永久ライセンス 動画編集 ビデオ編集 DVD作成ソフト 写真編集 MP4変換 PIP機能付 YouTubeやFacebook公開可|ワンダーシェアー

↑Amazon

私が地元でやっている動画の勉強会でもFilmoraを紹介しているので、周囲には使っている人も多いソフトのひとつです。

今回はざっとこのFilmoraで編集している様子を紹介していきましょう。体験版も配信されているので興味のある方は是非お試しください。

立ち上げてみる

Filmoraを立ち上げるとこのような画面が開きます。通常はこのまま「新しいムービーを作成」を選んで進んでいきますので、今回もこの項目を選んで進んでいきます。

作業ウィンドウ

進むとこのような画面になります(Windows版とMa版で画面の色が違ったり微妙な違いがあります)

上の画面で利用する素材の管理、プレビュー、下半分の画面で動画の編集をおこないます。

音楽素材やエフェクトも満載

これがFilmoraのいいところのひとつ。エフェクトや音楽素材の抱負さがあります。音楽だけでもいおいろなジャンルの曲が登録されており、これを使うことができます。

実際に編集を始めてみましょう

動画の素材を読み込ませて並べてみた画面です。このまま書き出してもすぐにYouTubeなどにアップできる動画になりますが、このままでは単に撮影しただけの動画になってしまうので少しだけ編集してみます。

タイトルをつくってみる

タイトルも様々なテンプレートが用意されています。用意されているテンプレートを元にしてタイトルをつくり、動画の中で利用していくことができます。

音声も編集できます

動画内で利用する音声や音楽もこれだけの設定ができます。バックで音楽を流したい時にその曲だけボリュームを下げるとか、フェードイン、フェードアウトをいれることができます。

また、屋外で収録した動画は音声が小さめなのでここでボリュームをあげておくことで聞きやすく仕上げることができます。

完成!

10分程の作業でここまで作り込むことができました。不要な部分をカットしたり、字幕を入れたりして一本の動画として仕上げていくことができます。
今回は体験版で簡単に紹介していきましたが、私の周辺でも利用している人の多いソフトですので、使い方のコツなど動画にするなどしてサロンでオンラインレッスンしていければと思っています。

今回は体験版で簡単に紹介していきましたが、私の周辺でも利用している人の多いソフトですので、使い方のコツなど動画にするなどしてサロンでオンラインレッスンしていければと思っています。

投稿者プロフィール

WEBCRAFTS

沖縄に移住してあっというまに何年も経過しました。大勢の方と知り合え、本土にいたままでは経験できないようなこともいっぱい経験させてもらえて感謝の毎日です。


スポンサーリンク




%d人のブロガーが「いいね」をつけました。